先進国の平均失業率(OECD)

世界の失業率の動向

経済開発機構(OECD)の加盟国30カ国を対象にまとめた平均失業率。1988年より統計を公表している。

世界の失業率

情報: 先進国の失業率(OECD)
データ名: OECD unemployment rate-Labour Statistics
公表: 経済協力開発機構(OECD:Organisation for Economic Co-operation and Development)
予定: 翌月の第1営業日 10時00分(日本時間:24時00分、サマータイムは23時00分)
リリース: http://www.oecd.org/statsportal/翻訳

↑ページの先頭へ

公表データを見てみよう

トップページから「Labour Statistics)」 の最新リリースの「Harmonised unemployment rates and levels for OECD countries」にデータがある。

・2009年の平均失業率「Harmonised Unemployment Rates (HURs), OECD – Updated: July 2009」

oecd-unemployment-rates

OECD加盟国

以下30カ国-2010年1月現在
・オーストリア
・ベルギー
・カナダ
・デンマーク
・フランス
・ドイツ
・ギリシャ
・アイスランド
・アイルランド
イタリア
・ルクセンブルグ
・オランダ
・ノルウェー
・ポルトガル
・スペイン
・スウェーデン
・スイス
・トルコ
・イギリス
・アメリカ合衆国
・日本
・フィンランド
・オーストラリア
・ニュージーランド
・メキシコ
・チェコ
・ハンガリー
・ポーランド
・韓国

・スロバキア
・チリ

↑ページの先頭へ